よくあるご質問

Frequently Asked Questions
クリッピングについて
Q: 過去記事データの遡りクリッピングはできますか。

初期登録時に、過去60日の遡りクリッピングは含まれています。それ以前の遡りクリッピングをされたい場合は追加料金が発生します。

Q: ノイズ記事の自動除去精度を上げることはできますか。

各ブランドごとの記事削除履歴が30~40件蓄積しましたら、それらのデータを機械学習し、ノイズ記事の自動判定・削除を開始します。

Q: 特定媒体の記事クリッピングを停止する方法を教えてください。

記事ごとの掲載データ詳細ページ内、左上に「この記事からの記事収集停止」ボタンを押していただくと、その媒体からの記事クリッピングは停止します。記事収集を再開する場合、記事一覧ページ最下部「収集停止媒体リストを確認する」にアクセスいただき、対象媒体の「クリップ再開」を押してください。

Q: SNS波及数はどのタイミングでアカウントに反映されますか。

掲載日から2日以上経ったWeb記事について、SNS波及数を取得します。

Q: 地方紙は網羅していますか?

はい、対象となっています。
参考までにこちらが対象媒体全リストです。

https://www.pranalyzer.jp/assets/member/img/newsmagazine_list.pdf


ただし、地方紙は全国紙と比べ、クリッピング時間にタイムラグがあるため、PR Analyzerへの反映は3~5営業日ほどかかります。
(全国紙は2~3営業日以内を目安としています。)

Q: 地方テレビ局は網羅していますか?

地方テレビ局は自動クリッピングの対象外となります。
ただし、手動入力画面から掲載登録を実施が可能です。
広告換算費やリーチ数も関東6局と同様に算出されます。

Q: 有料のWebメディアはクリッピングできますか?

有料部分は取得不可となります。(日本経済新聞電子版など)
タイトル部分もしくはリード文(無料部分)に設定キーワードが含まれていれば可能です。

Q: ソーシャル波及数は記事毎のFacebookいいね数を指していますか?

表示される数字は、次の数の合計になります。
・URLの「いいね!」の数
・URLのシェア数(Facebookへのリンクのコピー/貼り付けも含みます)
・URLに関するFacebook上記事への「いいね!」とコメントの数

Q: ソーシャル波及数はFacebook上でブランド言及数もカウントしていますか?

コメント内容に含まれる特定キーワード数はカウントはされていません。

Q: クリッピングキーワード及び除外ワードを加筆修正することはできますか?

加筆修正していただくことができます。ただし、加筆修正したクリッピングキーワードに対する過去記事取得はできません。追加した時点以降でのクリッピングに適用となります。

Q: 自社や競合他社に関係のない記事がクリッピングされてきているのですが、どうすればいいですか?

各営業担当またはPR Analyzer事務局にお問い合わせください。Web・TVの場合はキーワード設定、新聞・雑誌の場合は調査条件を確認させていただきます。

Q: 個人ブログなどはクリッピング対象ですか?

媒体社が運営しているWebメディアが中心のため、基本的には対象外となります。
一部影響力のある個人(モデルや専門家)がWebメディア内で展開しているブログは取得しているところもあります。

Q: クリッピングキーワード設定数に上限はありますか。

20~30件としています。ビッグワード(記事数が多いキーワード)を設定する場合は、その限りではありません。キーワードの設定にお困りの際は、ご相談ください。

Q: ひとつの記事に自社と競合ブランドが入っている場合はどのようにクリッピングされますか?

基本的にそれぞれのブランドに対して、記事登録されます。
ただし、新聞・雑誌について、自社のみのご契約の場合は競合ブランドの登録はございません。

Q: 広告はクリッピングすることができますか?

基本的には記事部分のみのクリッピングとなりますが、一部媒体においてはネイティブ広告や関連記事などノイズが混じってしまうことはございます。
新聞・雑誌については一部の広告クリッピングが可能です。

Q: 記事のクリッピング漏れを発見した場合はどうすればよいでしょうか?

大変お手数ですが、各営業担当までご連絡ください。原因の調査と記事の再取得について対応させていただきます。

Q: Web記事のリンク切れの場合、PR Analyzer上では保存されますか?

あくまでもURLリンクの取得にとどまるため、保存されません。